鳥よけ対策SOS!鳥からの被害に悩んでいるあなたへ
鳥よけ対策SOS!鳥からの被害に悩んでいるあなたへ > 鳥に関する法律・裁判 > 鳩のエサやりがきっかけで傷害事件が発生!?エサやりって違法ではないのか!?

鳩のエサやりがきっかけで傷害事件が発生!?エサやりって違法ではないのか!?


近所で鳩にエサをやり続ける人がいる!周りに被害があろうとお構いなし。やめされるにはどうすればいいのか・・・


このような悩みを持っている人はたくさんいると思います。

結論から言いますと、公共の場以外での鳩へのエサやりは基本的には違法ではありません。
ですが、注意するとトラブルが起きてしまう可能性があるので十分に注意が必要です。
 

今年7月、鳩にエサをやっている男を注意すると、暴行される事件が発生しました。

 

鳩に餌をやり続けてフンや悪臭で近隣を悩ませていた名古屋市南区の無職、村永義雄容疑者(61)がきのう20日(2017年7月)、注意した男性(76)を蹴り、肋骨にひびが入る重傷を負わせたとして傷害の疑いで警察に逮捕された。6年前から始まった餌やりで多数のハトが集まるため、付近の路面や植え込みはフンで白く汚れ、住民は「洗濯物も干せない」状態だった。

引用:livedoor’news

事件が発生するまで、6年も与え続けていたことに驚きました。
 
警察が注意すれば、防げたのではないのだろうか?
 
上記のように思う方もいらっしゃると思いますが、 現在、糞尿被害は、「民事事件」として取り扱われ、警察は介入できません。注意もできないといった状況です。


 
隣人の方で、同じようにエサをやり続けている人がいても、今のところは鳥よけ対策をするか個人で注意するしかありません。
全国各地の自治体によっては、鳩にエサを与えてはいけない所はあるみたいですが、国での法律までとはいかないようです。
 
鳩の被害が年々増加していることは確かです。
今回この事件が起きたことによって、法律が変わればいいなと思いました。



キーワード



コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください